肌がガサガサする原因と対策|間違ったケアは悪化を招くだけ

肌がガサガサになる原因は乾燥。

あなたは保湿をちゃんと行っていますか?

化粧水をつけただけで保湿した気になっていませんか?

正しく肌のお手入れをしないと、いつまでたってもガサガサ肌を改善できません。

「肌がガサガサになる原因は乾燥って知ってるから、保湿さえしていれば治る!」

と思っていても、やり方を間違っていれば効果は薄くガサガサの肌が続きます。

そこで、一度手をとめ今行っているスキンケアを見直してみましょう。

肌がガサガサする原因と対策

ガサガサに肌が乾燥してしまう1番の原因は乾燥ですよね。

ここで勘違いしやすいのが、保湿といったら化粧水という考え。

私は以前、肌がガサガサに乾燥するときは化粧水をパッティングしながら肌につけていました。でもガサガサは一向に改善されなかったんですよ((+_+))

「なんで良くならないんだろう?」

と原因を調べていると、2つのことが発覚しました。

まず、化粧水で保湿はできないということ。

化粧水はほぼ水で出来ているらしく、あまり保湿効果は期待できないみたい。それに保湿効果の高いセラミドなどの成分は、化粧水に多く配合することが難しく、美容液の方が相性が良いようです!

化粧水は次に使う化粧品の浸透を良くしたり、肌のキメを整えるものと考えた方が良さそう。

化粧水をつけても、時間がたつと乾燥する気がしていたんですが納得です。

化粧水はキメを整え美容液の浸透を良くするもの、美容液は肌を保湿したり栄養を与えるもの。1つ美容の知識が増えました( *´艸`)笑

また、化粧水はパッティングしながら肌に染み込ませようとするのも、あまり肌に良くないようです。

これは、ある例え話ですごく納得しました。

「プールや海で泳いでも、私たちの肌はブカブカ水浸しにならない」という例え。

「たしかにそうだよね~」と頷いてしまいました(笑)

顔ごと水につかっても肌に水は入ってこないですから、いくらパッティングしても保湿したことにはなりませんよね。

美容液などでセラミドなどの保湿成分を補うなら効果はあるかもしれませんが、あまり保湿成分の含まれていない化粧水をいくら肌に塗りこんだところで、肌は潤いません。

それどころか、もみこんだり叩いたりすると摩擦となって肌を傷つけることがあるみたい。

なんか二度手間って感じですよね~。

保湿効果は薄いし肌を傷つけるなんて……美容は奥が深いです(*´ω`)

肌がガサガサする原因はだいたい乾燥がもとですから、間違ったケアをやめて美容液やパックで保湿した方が良さそうです!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP