肌の効果的な保湿の仕方とメイクオフ時に気をつけるべきこと

「肌を保湿しているのにイマイチ肌が潤っている気がしない」

これは3か月前の私。

保湿はしているけど効果が実感できず、いつも疑問に思っていました。

そこで、スキンケアのことをいろいろ調べていると、あるミスを犯していることに気がついたんです!

肌の効果的な保湿の仕方

あなたは、どの手順で夜のスキンケアを行っていますか?

私の場合はこんな感じ。

クレンジング → 洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液

自分で言うのもアレですが、高校生のわりには頑張っている方だと思います(笑)といっても高価なものは買えませんが(;´∀`)

私の周りには、メイクを落とすだけで化粧水や美容液をつけない人も多いので。

今のうちからこれだけやっていれば、20代・30代になってもプルプルな肌を保っているだろうとワクワクしながら、日々のスキンケアを行っています。

私なりにちゃんとやっているつもりですが、「いまいち効果的な保湿ができていないんじゃ?」と不安になることがあって、調べてみると見落としていることがありました。

それはスキンケアの最後にやっている乳液。

化粧水や美容液で肌に保湿成分を与えたあと、乳液でフタをすると肌の保湿により効果的だと知ってから、積極的にやるようになりました。

でも、この乳液でフタをして保湿成分を閉じ込めるという行為、乳液じたいに保湿成分が少ないとあまり効果がないらしいんです。

セラミドなどの成分が少ないと、水分が蒸発するようでフタをしても効果が薄いみたい(´;ω;`)

そんなこと気にしないで乳液を選んでいたので、これから少し成分を気にして乳液を選ぼうと思っています!

洗顔は水がイイ!

あなたはクレンジングや洗顔をするとき、どこでやっていますか?

洗面所でやったりお風呂と一緒にやったり、人によって違いがあると思います。

お風呂で一緒にメイクを落とす人に、気を付けてもらいたいことが1つ。

熱いお湯は肌に必要な皮脂まで奪ってしまうため、顔に熱いシャワーをかけるのは控えた方がいいです!

皮脂がなくなれば肌から水分が蒸発し、乾燥してしまいますよね?

特に冬の寒い季節なんかは、温かいお湯でお風呂に入る機会が多いため気を付けたほうがいいです。

私のまとめ

肌の保湿を効果的にやるなら、乳液にまで気をつかいましょう!

そして顔に熱いシャワーをかけないなど、肌が乾燥しないよう自分なりに対策することも大切です。

今は若いから肌がプルプルでも、20代・30代と歳を重ねた頃に差がでてくると私は思います。

そう考えながら毎日スキンケアをしていると、なんだか楽しくなってきますよ(*´ω`*)

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP